Windows10にしたら、PCの性能はアップする?メリットなど

Windows10にしたら、PCの性能はアップする?メリットなど

そろそろ不具合なども報告、解消されWindows10へのアップグレードを考えているかたもいらっしゃると思います。
その中で、Windows10にする上で、PCの性能の向上などのメリットがあるのか?ということがやはり懸念されます。
なにせ、新しいOSにするってことは、新しい操作を覚えなければいけない手間もあります、忙しい中、また最初から操作を覚えるほどの向上がなければ苛々が募るばかりです。
まずWindows10へのアップグレードですが、マイクロソフトのHPにある、アップグレードに必要な条件があるのですが、古いPCだとなかなかに厳しいです。
http://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-10-specifications
メモリが32ビット版では1GB,64ビット版では2GB必要です。
そしてHDDの空き容量が32ビット版では16GB、64ビット版では20GB必要です。
上記であると、ほとんどタブレットPCでアップグレードするとなるとギリギリいっぱいいっぱいの能力が必要とされてしまいます。
ゲーミングPCのようなハイスペックPCであれば、問題ないと思われますが、ネットブックなどだと動作的にややきつい気がします。
また、アップグレードにおいても1時間40分〜2時かんくらいの時間がかかるので、よしアップグレードするぞ!と半日くらい余裕を持って行わないと、気軽にできるものではありませんし、アップグレードの間がPCが使えなくなることを覚悟しないといけません。
そして、その環境をそろえて、アップグレードするだけの価値があるのか?ということが最大の問題点です。

Windows10にするメリット

生態認証によるパスワードなどで、文字入力等でなく顔認識などでロックをかけられます。(顔認識などに対応しているカメラが必須)

Windows8以降のユーザーには嬉しいスタートメニュー
これは7ユーザーだとあまり恩恵がありません。

様々なアプリがデスクトップで表示可能

これは確かに便利だと思います、アプリがすぐに見れるっていうのは便利です。

新しいブラウザEdgeが扱える

サクサク動くブラウザEdgeが使えます、WEBの情報に手書きでト書きなどができるメモ機能などが使いやすいです。

siriのようなボイスアシスト機能Cortana

マイク等ないといけませんが、siriのようなアシスト機能が追加されましたので、ライトユーザーはわからないことを相談できる。
上記メリットが様々なデメリットを超えて、メリットと感じるようであれば、アップグレードすべきだと思います。
ちなみにデメリットは

起動に時間がややかかる

容量が大きくなっているので体感7や8に比べると起動が若干遅く感じます。

いまだ、使えないソフト、対応してないソフトがある

とくにフリーソフトについては、いわずもがな、自分がよくつかっているソフトやアプリがWindows10に対応しているか確認しましょう。特にPCゲームは要注意です。最悪起動しない可能性があります。いろいろ調べた限りではほとんどのPCゲームが動くようですが、私自身エラーを起こして落ちた経験があります。ドスパラならまだWindows7、Windows8.1を搭載したゲーミングPCがたくさんあります。「え?ドスパラ!?」と思うかもしれませんが、ドスパラの悪い評判は嘘だと判明しています。むしろ2015年は良い評価になっています。自由にOSを選べるドスパラのゲーミングPCをおすすめします。

新しい操作になれなけれならない

これは、新OS導入にはつきものです、これらを乗り越える心構えが必要です。
そろそろ発売から1ヶ月以上を経過し、かなり使い勝手や評価なども公開されてきたのでそろそろ変更を考えている方もいらっしゃると思います。
アップグレードに時間をとられるので、そういった時間の余裕、操作を覚えるという心構え、上記メリットデメリットなどを加味して、アップグレードしていただければと思います。